中秋の名月&ムジークアルプアカデミー

こんばんは!
帰り道に、ひときわ目立つ、まん丸お月さま。
 
今日は、中秋の名月だそうです。🌝
 
写真だと、あまり伝わらないかなぁ...?
凛とした光が、心に響きました。
 
 
 -ムジークアルプアカデミー-

さて、先日も書きましたが、7/28~8/16にかけて、フランス・ティニュでのムジークアルプアカデミーに参加して参りました!

ティニュはアルプスを越えるとすぐにイタリア、という街です。

ヨーロッパ各地から、音楽院の先生方がいらっしゃり、声楽、器楽、室内楽のレッスンが行われます。

高校生くらいの時から、いつかはこのアカデミーに参加できれば...、と思っておりましたが、今回、パリに住む知人の日本人ヴァイオリニストに色々と教えて頂いて、えーい と行って参りました。

 

レッスンは毎日びっしり、でしたが、元気に乗り切ることができました。
私が教えていただいたのは、フランス人のポワジェ先生と、ドイツ人のピカール先生です。

f:id:mayuko1101:20171005003006j:plain

 

f:id:mayuko1101:20171005003023j:plain


先生方のお話にはヴァイオリンに関係のないことも多く💦、ヴァイオリニストである前にフランス人、ドイツ人である二人の哲学を感じることもしばしば!、新鮮に感じました。

また機会があれば、お二人に会いにいきたいと思います。

 

 

ヨーロッパでの音楽や、それに対する考え方は、やはり生きているなぁ、と感じました。

多くの国が隣り合い、国境を感じずにひとつの音楽というものを長く広く発展させてきたあの地域から、ことばは通じなくても、音楽がいかに国境を、言語の壁を越えるのか、そして、そこの音楽に、人間として感じる’楽しみの時間’が、皆様の共通の認識としてよこたわっているのだろうなぁ、と。☺︎

 

それに、あちらの方々は、自分の頭で、考えることを大事にしている。

人がどう感じるか、ではなく、自分がどう感じるかを。

 それって、大切なことだなぁと思います。

 

視野が広がっていくのを感じることができた充実した日々でした。

 

写真は、シャルトル大聖堂内の、光を透かすステンドクラスと、マリア像。

美しすぎて、ことばが出ませんでした。

f:id:mayuko1101:20171005002943j:plain

 

f:id:mayuko1101:20171005003003j:plain

 

 
 

youtu.be